スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAF関東モータースポーツ表彰式に出席

1月25日の昼過ぎから、東京プリンスのホテルのホールで「2014年JAF関東地方選手権表彰式」が行われ、レースオーガナイザーとして出席しました。

2014年JAF関東地方選手権表彰式

名前の通り、この式は昨年のJAF関東地方選手で活躍され、シリーズ入賞された方々の栄誉を称える場でして、同様の式典が各地域ごとに毎年行われています。
その中でも、全国で競技人口が最も多く、JAFの本部がある御膝元でもある関東の式典は、モータースポーツ人気の低迷もどこ吹く風の如く、盛大に行われました。

ドライバーを称えることは勿論ですが、これに該当するカテゴリーは入門カテゴリーとも言えますので、参戦費用は基本的に自己負担であり、それを身内の方が支えてることが大半です。
式典には身内の方を同伴で連れてこられる方も多く、記念写真を撮影したり、普段のサーキットよりもゆっくりお話ができる機会があることは、これまで支えてくれた方々を労う場としての必要性もありますね。

さて、今回の関東の表彰対象部門は下記の6部門でした。
・地方レース選手権
・東日本ラリー選手権
・地方ジムカーナ選手権
・地方サーキットトライアル選手権
・地方ダートトライアル選手権

more...

今日から仕事始めです。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

B-Sports事務局は今日から仕事始めです。
ゆったりと新年を迎えたいところですが、今週末は東京オートサロンにマツダ・モータースポーツ表彰パーティもあり、その後も今シーズンの開幕準備で、初日から慌ただしいですね。

年末年始は昨シーズンの皆様からのアンケートやメールなどのご意見を見返していました。
「楽しかった!」などの喜びの声はとても力になりますし、厳しいご意見も今後の運営改善の参考になります。
結果を競い合うモータースポーツですので、なかなか全員に満足していただくことは難しいですが、嬉しかった方も、悔しかった方も、また参加したいと思えるようなイベントにしたいですね。

早い方は幕張メッセで、それ以外の方もサーキットでお会いしましょう!

12/7「マツダファンフェスタ2014in岡山」開催!

国内最大級、年に一度のマツダファンの祭典『MAZDA FAN FESTA 2014 in OKAYAMA』が、2014年12月7日(日)に岡山国際サーキットで開催されます。

mff2014_flyer.jpg

more...

今注目のWOMEN IN MOTORSPORT

WOMEN IN MOTORSPORT COMMISIONという組織が2009年からFIAで立ち上がっていますが(FIA WIMC)、ようやく日本でも8月からJAF WIMとして活動が始まりました。

fia-wim-logo.jpg

肝心のWIMCとは何かですが、モータースポーツが、本来、男女に平等に開かれたものであることを世界に知ってもらい、より多くの女性のモータースポーツへの参加を促すことをテーマにしているプロジェクトです。
ミッションとしては、モータースポーツのあらゆる分野での女性参加の促進や、そのための施策を設定するなどが挙げられています。

WIMCは今年から本格的な活動を始めたそうで、世界各国の女性代表委員を任命して、各国のASN(日本ではJAF)にプロジェクトの推進を勧めているそうです。
そのアジア地域代表委員には、先日の富士WECでも世界選手権レースで女性初の表彰台を獲得された、井原慶子氏が選ばれています。
WIMCの活動はFIAのホームページに載っていまして、井原氏のWECでの活躍も紹介されていますね。
http://www.fia.com/women-motorsport

more...

パーティレーサーでも国際Bが取得可能に

JAFスポーツ11月号で公示が出まして、2015年度ライセンスから、国際Bライセンスの取得条件が変わりました。
これまでは、“申請24ヵ月以内に、日本選手権以上のレースに5回完走”することが条件でした。
それが、“申請24ヵ月以内に、レースに10回完走(選手権かは問わず)、もしくは日本選手権以上のレースに7回完走”に変わりました。
※ライセンス更新の条件については、日本選手権以上のレースに5回完走の条件は変わらないそうです。

今回の改正で、日本選手権からの取得条件は厳しくなりましたが、それ以外のアマチュアレースに参加している方でも国際Bが取得できるようになったことは、国際レースへの道が広くなったと考えられます。
また、国際B以上のライセンスは、一定の条件を満たさないと、更新時に国際Cに自動的に降格します。
ニーズは限られていますが、選手権レース以外でも、ライセンスを維持する選択肢が増えることにもなります。

ちなみに、国際Cライセンスの取得条件は変わらず、“申請24ヵ月以内に、レースに5回完走(選手権かは問わず)”です。

タイトルでは、あえて主管していますロードスター・パーティレースⅡの参加者と書きましたが、おそらくはスーパー耐久の参加者が、一番その恩恵を受けるのかなと思います。
日本にはツーリングカーの日本選手権レース(全日本も地方も両方)が消滅していることもありますし、現実的にも妥当な改正ですね。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。