スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTA F1日本GPの開催撤退に思う

少し前から話題にありましたが、富士スピードウェイでのF1開催が無くなるようです。

一企業としての論理としては、大赤字の上に宣伝効果も無い(逆に批判が増える??)中では、当然の決定と言えます。
また、昔からのF1ファンとしても、今後は鈴鹿だけで日本GPが開催される見通しになることを歓迎しているかもしれません。

このニュースは、モータースポーツに関わっている者として見ると、とても複雑な思いがあります。

2000年に富士スピードウェイを買収し約200億円の大改修をし、2002年にはF1参戦を開始、2007年にはF1を富士スピードウェイで開催するなど、正に鳴り物入りでモータースポーツに本腰を入れたTOYOTA。
多くのモータースポーツ関係者が、日本そして世界のトップ自動車メーカーであるTOYOTAであれば、低迷している日本のモータースポーツを活気付かせてくれると期待していました。

それが、僅か10年も満たさず、モータースポーツに暗い影を差しながら、自ら崩壊していこうといしている姿を見るのはとても悲しく思います。
何のためにモータースポーツに力を入れ、この数年で何を獲得したというのでしょうか・・
これでは、「単にモータースポーツを引っ掻き回して、上手くいかなかったからすぐに止めたと」言われても仕方ないです。

このままダラダラと赤字垂れ流しで富士スピードウェイでF1開催を続けるのは確かに無理だと思いますが、このままフェードアウトするのではなく、自動車トップ企業としてモータースポーツを通じた自動車文化の発展と社会貢献を続けていただきたいです。
おそらく中の人は大変だと思いますが、頑張って欲しいです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。