スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートも消耗品です

レースに参加している方であれば、競技に使用するレーシングギアには指定の規格があり、有効期限があることはご存知かと思います。
主なところですと、ヘルメットはJIS規格以上で製造10年以内、HANSを使用するならばFIA規則J項で有効な規格品でなければなりいません。
またレースでは必須のフルハーネスもFIA公認品で、公認期限は製造より5年となっています。

本題のシートですが、FIA公認の競技用シートにも有効期限がありまして、製造から5年となっています。
(特例として、製造者が再検査をすることで更に2年間の延長が認められます)
これを聞いて自分のシートは大丈夫なのかと心配する方もいらっしゃると思いますが、余程のトップカテゴリーに出ている方でない限り、シートは有効期限が切れただけで使用できなくなることはありません。

詳しくはJAF車両規則を確認していただければと思いますが、大半のカテゴリーでは、シート交換を認める場合、FIA規則J項やJIS規格に適合しているものを“推奨”していますが、“義務”ではありません。
(細かい部分の規則は、カテゴリーによって異なります)
ですから、仮に有効期限が切れているFIA公認シートだからと言って、それが即違反であるとは解釈されません。
(S-GTのような国際競技では義務化されています)

しかし、あえて有効期限を設定しているような部品ですから、シートは消耗品であると言えますので、期限切れでも使用して全く構わないとはとても言えません。
明らかにボロボロのシートや、グラグラの取付状態では、ノーマルシートと同程度以上の強度があるとは考えられませんし、何より危険ですから、そんな状態であれば技術委員から違反を指摘されても仕方ないですよね。

公認品かどうかに関わらず、シートはいざという時に身を守ってくれる重要な部品ですから、誰かに指摘される前に、もしくは危険な目に合う前に、適宜新品に交換することを“推奨”します。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。