スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

capeta連載終了

月刊少年マガジンの今月号でついに「capeta」の連載が終了したそうですね。
他人事のように書いていますが、実はコミック派なので、どんな話で終わったのかはまだ知りません。
(コミックが発売されるまでは、ネタバレに合わないように注意しています)

純粋なマンガとしての面白さがあってこそですが、モータースポーツへの影響と貢献は多大なものだと思います。
バブル崩壊以降、4輪のライセンス取得者数は今でも年々減っていますが、カートのジュニアライセンスは2003年の連載開始から増加しています。
実際にカート場に行きますと、家族ぐるみでカートに乗る子供を応援している姿も良く見ます。
また、国内F3やFCJの人気が高まっていることも、その影響が少なくないでしょう。
逆に、連載が終了したから人気が落ちたと言われないよう、ここからが関係者のがんばりどころと言えます。

これまでも「サーキットの狼」をはじめ、モータースポーツやクルマを題材にしたマンガが登場し、それが現実にもブームを何度も起こしています。
その影響力からも、やはりマンガは日本を代表する文化だなと実感します。
「capeta」の連載が終了することは寂しいですが、また新たなモータースポーツを題材にした面白いマンガが登場することも期待しています。
また、「capeta」を書かれた曽田正人先生の今後のご活躍も陰ながら応援しています。
(できれば「capeta」の続編やスピンオフもいつか出てくれると嬉しいです)

曽田正人先生のオフィシャルウェブ
http://www.sodamasahito.jp/works/capeta.html
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。