スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキバモーターショーに参加しました。

タイトルだけを見ると痛車のイベントのように思われるかもしれませんね。
昨日は秋葉原のUDXオープンカレッジで「アキバモーターショーcafeトークライブ SKYACTIV-Dレーシング デイトナ24時間参戦報告」に参加しました。
先月末にデイトナ24時間レースが行われ、同レースで初のディーゼルエンジンでの出場を果たしたマツダ6(日本名:アテンザ)。
結果は多くの方がご存知の通り3台ともリタイヤでしたが、今回はドライバーとして参加された寺田陽次郎さんがそのチャレンジの道のりと意義を語られました。
このレースだけの結果だけを見れば、悲観的に思われる方も少なくないと思いますが、寺田さんのお話はとても前向きな内容で、今後の挑戦がますます楽しみになりました。
また、寺田さんは同シリーズのワトキンス・グレンでのレースに再び参戦されるという発表もありましたので、クルマの熟成とともに、そのご活躍が楽しみです。

また、寺田さんに続き、マツダ商品企画部の上村さんのプレゼンテーションも行われました。
今回のレースに使用されたディーゼルエンジンや、ロータリーエンジンを絡めたモータースポーツの歴史、そして北米で成功しているモータースポーツプログラム(所謂ラダーシステム)について説明されました。
特に北米でのプログラムについては、日本のモータースポーツファンやマツダファンでもよく知らない方が多いと思いますが、驚くほど充実しています。
北米のクルマ文化や市場規模の違いはありますが、全世界的にこの成功例を活かすことができればとても面白いことになるでしょう。

今回のトーク内容については司会進行をされたMZRacingさんで紹介されると思います。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。