スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディア4耐が終わった後のお楽しみ

今年のメディア対抗ロードスター4時間耐久レース(以下:4耐)が終わってから、早や1ヶ月近くなりました。
少しずつレースの余韻も薄れてくるところですが、ここからまた4耐の楽しみが増えていきます。
それは、4耐に出場したメディアチームの参戦レポートが続々と出版されることです。

当日観戦されていた方も、そうでない方も、レース結果や大まかなレース展開は4耐公式サイトなどで分かると思います。
しかし、このレースの本当の面白さは、チームそれぞれの人間ドラマが、自らのメディアを通じて伝え知ることができることです。
毎年の光景ですが、4耐のチェッカー直後、全てのチーム関係者がコース場に出て、最終ドライバーを出迎え、全員で完走を喜び合います。
喜んでいるのは決して、上位のチームだけではありません。
また、上位に入ったからと言って、このレースでは賞金やビッグな賞品がもらえるわけでもありません。
それでも大の大人たちが、人によっては涙を流して喜んでいます。
その感動の理由は、普通のレースであればその本人たちにしか分からないのですが、4耐は後から知ることができます。

どんなスポーツもそうだと思いますが、単なる勝ち負けの結果よりも、そこまでに至る人間ドラマのほうが面白いものです。
4耐は、ほぼノーマルのロードスターという静かなレース車両に、数人のプロはゲスト参加しますが基本的にはアマチュアドライバーの運転ですので、単にレースだけを見ればビッグレースに比べてつまらなく感じる方もいるかもしれません。
しかし、レースに参加する本質的な魅力が十分に詰まった大会ですので、まだ生で見たことが無い方は是非、来年はサーキットに足を運んでいただければ幸いです。

紙媒体は本屋さんで購入していただくとしまして、ネット媒体のレポートは以下のリンクからどうぞ。
(こちらで現在、把握できているページに限ります)

優勝「carview」チーム
http://www.carview.co.jp/road_impression/article/mazda_4hours/1000/#.TnG3Y4yOanQ.twitter

第9位「LUXURY TV」チーム
http://luxurytv.jp/?v=fW74APuSuUSCMl1HGQXy1A
http://www.faust-ag.jp/lifestyle/lifestyle044.php

第12位「ザ・モーターウィークリー」チーム
http://themotor.jp/2011/09/2572.html
http://autoprove.net/2011/09/10313.html

第18位「マツダ」チーム
http://www.mazda.co.jp/carlife/event/endurance/index.html?link_id=ne

第22位「カーセンサー」チーム
http://publish.carsensorlab.net/editor/category_195/_16228.html

色々なレポートを読んでいますと、チームによって悲喜交々ありますが、やっぱりレースは良いものだなと主催者ながら改めて思います。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。