スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波シリーズの規則と日程が正式発表

日本オートスポーツセンター(JASC)主管の下、筑波サーキットを舞台に、トップを目指す若者や幅広いアマチュアの方が参加するJAF公認競技会シリーズが「筑波シリーズ」です。
レースは、私どもブレインズモータースポーツクラブ(B-Sports)、ニッサンスポーツカークラブ(SCCN)、ビクトリーサークルクラブ(VICIC)、の3クラブで、サーキットトライアルは、ブレインズモータースポーツクラブ(B-Sports)、チームマグナスオートクラブ(TMAC)の2クラブで持ち回りで2014年度は開催します。

日程については昨年の暫定発表と変わらず下記の通りとなります。

●JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズ(全6戦)
第1戦 3月23日(日) VICIC スプリント18周
第2戦 5月5日(月/祝) B-Sports スプリント18周
第3戦 6月8日(日) SCCN スプリント18周
第4戦 8月3日(日) VICIC スプリント18周
第5戦 9月21日(日) SCCN スプリント18周
第6戦 11月23日(日) B-Sports スプリント18周

●筑波ツーリングカーシリーズTTC1400&TTC1600(全4戦)
第1戦 3月23日(日) VICIC スプリント15周
第2戦 6月8日(日) SCCN スプリント15周
第3戦 8月3日(日) VICIC スプリント15周
第4戦 9月21日(日) SCCN スプリント15周

●JAF筑波サーキットトライアル選手権シリーズ(全4戦)
第1戦 5月5日(月/祝) B-Sports タイムアタック15分×2本
第2戦 6月22日(日) TMAC タイムアタック15分×2本
第3戦 10月13日(月/祝) TMAC タイムアタック15分×2本
第4戦 11月23日(日) B-Sports タイムアタック15分×2本

more...

スポンサーサイト

MFCTとマツ耐の2014年度開催概要を発表

本日、マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)とマツダファン・エンデュランス(マツ耐)の2014年度開催概要を発表しました。

●マツダファン・サーキットトライアル(全6戦)
千葉ラウンド 4月5日(土) 袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
宮城ラウンド 5月17日(土) スポーツランドSUGO
岡山・夏ラウンド 6月14日(土) 岡山国際サーキット
大分ラウンド 7月20日(日) オートポリス
筑波ラウンド 9月6日(土) 筑波サーキット
岡山・冬ラウンド 12月7日(日) 岡山国際サーキット

●マツダファン・エンデュランス(全4戦)
千葉ラウンド 4月5日(土) 袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
宮城ラウンド 5月18日(日) スポーツランドSUGO
筑波ラウンド 11月23日(日) 筑波サーキット
岡山ラウンド 12月7日(日) 岡山国際サーキット

more...

2014年度オフィシャルを募集中

モータースポーツにとって、ドライバーやチームの参加者、観客、スポンサーも大切ですが、絶対に欠かせない存在がオフィシャル(審判員)です。
どんなスポーツでも公平な競技を行うために審判はいますが、特にモータースポーツでは安全を確保するためにも審判の存在は不可欠です。

毎年オフィシャルで参加されている方には郵送でご案内していますが、これからオフィシャルを始めてみたい方も一般に募集しています。
判定業務をする場合に方は審判員ライセンスが必要ですが、補助員であればライセンスをお持ちでない方でも始められます。
また、審判員ライセンスは国内Bライセンス講習会で取得することができますので、こちらもご興味がありましたらご検討ください。

詳しくはクラブ公式サイトのオフィシャル活動ページをご覧ください。

パーティレースの集計作業完了

今はモータースポーツのオフシーズンですが、ドライバーの方がシーズンインに向けて練習をしているのと同じく、主催者も色々な準備をしています。

ここ数日、事務局ではパーティレースの過去全ての結果をドライバーごと集計する作業を行っていました。
と言いますのも、今年から「Great Party Racer賞」という特別賞を設定することになりました。
賞の対象が過去パーティレースに通算10年シーズン以上および公式戦30戦以上出走したドライバーということで、欠場の有無も含め、個人別の正確な参戦データを確認する必要があります。

大会ごとのリザルトデータはもちろん保管していますが、参加型カテゴリーですと個人別のデータベースを作っておらず(あまり必要性もないので)、これを機に気合を入れて一から作り直しました。
パーティレースは2002年からスタートし、これまでに12シーズン、実数で537名(※延べ3,000名以上)ものドライバーが参加していますので、入力作業は正直大変でした(苦笑)

その作業の結果、「Great Party Racer賞」の対象者は6名、今シーズンで達成できる方は7名いることが分かりました。
簡単に言いましたが、参加型レースとは言え「通算10年シーズン以上および公式戦30戦以上」出場し続けることは大変な記録です。
最も多く出場されている方では41戦(!!)を記録しています。
そんな賞の該当者がこれだけ多くいるのは、レース自体の良さもあるかもしれませんが、何より良い参加者が多く集まっている証拠でもありますね。
やはり趣味は長く続けて楽しめることが一番ですし、そのような場を提供し続けられるよう私どもも頑張ります。

☆ロードスター・パーティレースⅡ公式サイト
http://partyrace.nr-a.com/

2014年度パーティレース日程発表




ロードスター・パーティレースⅡの2014年度の開催日程を本日発表しました。
筑波サーキットと岡山国際サーキットの2サーキットを舞台に4戦の開催となります。

第1戦 5月5日(月/祝)筑波 コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル
第2戦 6月15日(日)岡山国際 スーパーF3レースin岡山
第3戦 9月6日(土)筑波 第25回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
第4戦 11月23日(日)筑波 筑波エキサイティングデイ

レギュレーションはまだ調整中ですが、今年度からNC1とNC2のクラブマンクラスをNCクラブマンクラスに統合、NC1とNC2のシリーズクラスはシリーズ賞典を統合(大会賞典は別々)することを決定しています。

特別賞として新たに「Great Party Racer賞」を設定します。
過去にも長期に渡って参加されているパーティレーサーに特別賞を授与していますが、パーティレースも12シーズン目を迎えましたので、そろそろ明確な基準を設ける必要があると判断しました。
パーティレースに通算10年シーズン以上および公式戦30戦以上出走した全てのドライバーの方を対象とします。

開催概要だけを見ると昨年とあまり変わり映えがありませんが、今年はロードスター25周年ということもありますので、パーティレースとしてもこのメモリアルイヤーを盛り上げ、皆さんに楽しんでいただける企画を進めていますのでお楽しみに!

最後に、消費税が4月から8%になることに伴い、参加料は若干の値上げとなりますことをご了承ください。
コース使用料も増税分がそのまま上乗せとなる旨をサーキットさんから通告されていますので、致し方ないところです。
この件は入場料金や駐車料金等にも関わることですので、主催者としては少し頭の痛いところですね。

☆ロードスター・パーティレースⅡ公式サイト
http://partyrace.nr-a.com/

今日から通常営業

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本日から通常営業となります。
ただし、今週の土曜日は東京オートサロン開催の関係で事務局はお休みとなりますのでご了承ください。

東京オートサロンと言えば、マツダ&MZRacingブースのトークショーに、皆様もお馴染みのZuppyが司会として出演するそうです。
会場に行かれる予定の方は是非、マツダ&MZRacingブースにも立ち寄ってみてください。
マツダブースの詳細はこちらのページを、MZRacingブースの詳細はこちらのページをご覧ください。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2014年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。