スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/11はレースとプロレスのコラボ!

サーキットで全ての興奮が加速する、異色のコラボが実現!

11月11日(日)筑波サーキットにて「筑波エキサイティングデイ2012」を開催します。
コース上では選手権タイトルが懸かった真剣なレースが行われ、パドック内に設けられた特設リングでは常に挑戦するプロレス団体「BRAVES」による楽しく激しいプロレスが披露されます。
また、誰でも参加できる男女別のアームレスリング大会や、お子様でも楽しめるチビッ子プロレス体験教室なども実施予定です。

初めてこのイベントのことを知った方は少し驚くかと思いますが、筑波サーキットでのプロレスとのコラボイベントは4年ぶりです。
主催者の個人的な趣味もありますが(笑)、当時も結構評判が良く、またやって欲しいという声も少なくありませんでした。
最近はテレビでもプロレスが取り上げられることも多くなっており、往年のファンもそうですが、初めての方も見てみたいと思っている方も少なくないはず!?

今日の時点では、イベント公式サイトは開催概要のみの発表となりますが、詳細については続々と発表していきますのでお楽しみに!

☆筑波エキサイティングデイ2012公式サイト
http://www.bsports.jp/ted2012/
スポンサーサイト

今年2回目のカートDayは無事終了

先週の土曜日はイタコモータースポーツパーク(茨城県)にて、今年2回目の「たっぷり楽しむレンタルカートDay」を開催しました。
もともと少人制のイベントですが、真夏にも関わらず今回も定員一杯の参加となりました。

20120811kart.jpg

心配された暑さはそれほどでもなかったのですが、途中何度かスコールのような大雨と雷で中断がありました。
中断の影響でいつもより走行時間が少し短めになってしまったのは、天候判断ではありますが、申し訳なかったです。
参加者の方からは「ドライとウェットで走りやすさにとても違いがあることを体験できて良かった」という前向きな声が聞けたのは有難かったです。
また、降り始めてすぐにコースの一部が冠水するほどの雨量でしたが、カート場スタッフの皆さんの排水作業のおかげもあり、ほぼ予定通りのプログラムを行うことができました。

次回はもう少し涼しい時期で、できれば年内に開催できればと思っています。
ただ秋から年末に向けて週末のイベントがビッシリなので、カート場とも要調整ですね。
日程は決まり次第、公式サイト等でご案内します。

☆たっぷり楽しむレンタルカートDay(B-Sports公式サイト内)
http://www.bsports.jp/kart_events/enjoykartday.html

八ヶ岳縦走登山は無事終了

この週末はB-Sports登山部の今年2回目の活動として、一泊二日で八ヶ岳に行ってきました。
天気は最高で、頂上でも日中は半袖で大丈夫なほどでした。

yatsugatake_20120805_1.jpg
※赤岳を横岳山頂から撮影

「八ヶ岳」とは、長野・山梨にまたがる山塊、またはこれを含む連峰のことを言うそうです。
今回は南八ヶ岳エリアで、八ヶ岳最高峰の赤岳(2899m)、横岳(2829m)、硫黄岳(2760m)を縦走しました。

初日は、赤岳山荘駐車場から出発し、赤岳頂上まで登りました。
赤岳の正に頂上にある「赤岳頂上山荘」で一泊し、翌朝、日の出を見た後、横岳、硫黄岳と移動し、下山しました。

yatsugatake_20120805_2.jpg
※赤岳頂上からの日の出の写真(左下に見えるのは赤岳展望荘)

頂上までの道のりは、気持ちの良い沢歩きあり、岩山登りありで、本格的な登山を味わえますし、何より頂上の眺望は素晴らしかったです。
ただ、この数行のレポートではほとんど山の魅力は伝わっていないですよね(苦笑)
何事もそうですが、自分の足で向かい、自分の目で見なければ、その本当の良さは分からないので、それは行った時のお楽しみということで。
高尾山や筑波山ほど気楽ではないですが、ちょっと健脚に自信があれば、小学生から結構な年配の方まで登っていましたよ。

yatsugatake_20120805_3.jpg
※途中に咲いていたコマクサ(駒草、ケシ科)

次回の登山部は、9月30日に谷川岳を予定しています。
今度は気軽に日帰り登山ということで、ロープウェイを使います。
(ロープウェイを使わないと、かなり過酷な登山ルートだそうです)
日頃の運動不足の解消と、良い気分転換にもなりますので、ご都合の合うメンバーは是非ご参加ください。

メディア4耐 出場チーム&ドライバーリスト更新

9月1日(土)筑波サーキットで開催します「第23回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の出場予定チームおよびドライバーリストの最新版が発表されました。
「第23回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の公式サイトにも掲載していますので、是非ご覧ください。

メディア4耐は1チームにつき4~5人のドライバーで参加することになっており、1人のドライバーの連続運転時間は50分、合計運転時間は96分までとなっています。
ただし、助っ人ドライバーの連続運転時間および合計運転時間は40分までに制限されており、助っ人ドライバーかどうかは、過去のレース実績を考慮してメディア4耐の実行委員会が決定します。

また、前回大会の上位チームやドライバー構成で明らかに有利なチームに対しても、実行委員会がハンデとして決勝中にピットストップを課しており、どのチームにも上位に入れるチャンスがあるのもこのレースの特徴の一つです。

そして何よりレース結果を左右するのが決勝のガソリン使用料の制限で、スタート時の満タン50リットルから、途中の給油は1回20リットルで、2回(計40リットル)までとなっています。
今年は指定タイヤが「POTENZA RE-11」から「POTENZA RE-11A」に変わり、これまでの燃費データがそのまま使えないところも各チームを悩ますことでしょう。

昨年はウェットの難しいコンディションの中でカービューチームが見事に初優勝を遂げましたが、今年はスタートから4時間後にどんなドラマが待ち受けているのか、とても楽しみですね。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。