スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のCOTYは11/9に早稲田で発表

当クラブの橋本会長も実行委員として名を連ねる日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY)。
「市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定し、そのクルマに日本カー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを与え、その開発・製造事業者を称えることにより、一層の性能・品質・安全の向上を促すと共に業界発展と地球環境保護、交通安全に寄与すること」を目的に実施されています。

今年の2010—2011日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会と表彰式が、11月9日に早稲田大学の大隈記念講堂で開催されます。
おそらく初の試みだと思いますが、より開かれたイベントとするため、今年は選考会が一般来場者に公開されるそうです。
平日ではありますが、参加無料とのことですので、ご興味のある方は足を運ばれては如何でしょうか??
また、選考会・表彰式の模様はユーストリームでライブ配信されるそうですので、会場に行けない方でも雰囲気を味わうことができると思います。

●日本カー・オブ・ザ・イヤー 選考会・表彰式:
  日時:11月9日(火)
   13時30分〜 開会
   13時40分〜14時10分 10ベストカー表彰
   14時10分〜15時20分 イヤーカー開票
   15時50分〜16時30分 結果発表、表彰式
   16時30分〜17時30分 写真撮影

  開催場所: 早稲田大学大隈記念講堂

★日本カー・オブ・ザ・イヤー 2010-2011 公式サイト
http://www.jcoty.org/
スポンサーサイト

エレベーターのボタンキャンセル

今日はモータースポーツに全然関係ない、事務局ネタです。

つい最近のこと、出張先のビジネスホテルでエレベーターに乗った際、階数ボタンを押し間違えたのですが、その時、一緒にいた仕事先の方が2回押しをしてキャンセルしてくれました。
全くこの機能を知らなかったのですが、その方曰く「誰でも知っていますよ」とのことで、軽いカルチャーショックを受けました(苦笑)
皆さんは知ってましたか??(聞くほうが恥ずかしいですね)

さらにその方曰く「ただ、古いビルでもできるかどうかは分かりませんけど・・」と言いっていましたので、こちらの事務局が入っているビルのエレベーターでも試してみることにしました。
築年数は少し経ってはいますが、案外しっかりした建物ですので大丈夫だろうと思っていましたが・・・・見事にキャンセル機能は作動しませんでした(涙)
ボタンの押し間違えさえしなければ、こんな機能は要らないのさ~と強がって結論付けました。

今日放送した「となりの子育て」

テレビ自体あまり見ることもなく、さらにNHK教育テレビなどほとんど無縁なのですが、今日は仕事の合間の気晴らしでテレビをつけたところ、偶然知った顔が見えてチャンネルを止めて見入ってしまいました。
それが、今日のよる9時に放送していました「となりの子育て」で、この日のタイトルが「育てた人にきいてみる レーシングドライバー 神子島みかの父」でした。

神子島みか選手は現在、JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズに参戦中で、B-Sports主催の5月5日のレースにも参加し(その時は見事に優勝!)、今度の11月21日のレースにも参加する予定です。
ただし、“知った顔”というのは、神子島みか選手よりも、この番組の主役でもあるお父さんの隆さんです。
細かい話はここでは割愛しますが、モータースポーツを通じて、神子島さんとは何だかんだと長いお付き合いをさせてもらっています。
番組でも神子島さんの人柄が良く出た内容で、子どもをレーサーにしたいと思っている方はもちろんですが、ごく普通の親御さんにとってもとても参考になる話だったと思います。
お二人を知っていることもありますが、結構ジーンとくるところもありました。

今日の放送は終わっていますが、この番組は翌週の金曜日の午前11時から再放送をするようですので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

☆となりの子育て番組公式サイト
http://www.nhk.or.jp/tonari/

ホリデーオート11月号

先週に発売されたホリデーオート11月号にもメディア対抗ロードスター4時間耐久レースのレポートが載っています。
次期ロードスターの特集記事もありますので、ご興味のある方は是非購入してみてください。

ここ毎年、あと少しというところで優勝に手が届かないホリデーオートチームですが、今年もレースを大いに盛り上げてくれました!
このブログを読んでいる方であれば結果はご存知だと思いますが、今年は最終周をトップで迎え、ゴールまであと少しのところでガス欠。
メディア4耐はチェッカーを受けないと完走扱いにならないという規則がありますので、周回数では4位になるところですが、結果としては順位がつきませんでした。

more...

パーティレース2011年度の開催概要予定を発表

本日、「ロードスター・パーティレースⅡ」の来年度の開催概要(予定)を発表しました。
すでにB-Sportsの主催日程を発表していますので、参加者の皆さんとしては新たな発表とは感じないかもしれませんが・・・

今回の発表での一番のトピックスは、日程よりも、NC2クラブマンクラスを追加することだと思います。
今年はまだ台数が少ないこともあり、NC2ロードスターはシリーズクラスのみの設定でしたが、着実に台数も増えており、新車で購入できるのはNC2だけですから、クラスを追加することでさらに後押しできれば幸いです。

また、「ロードスター・パーティレースⅡ」として今年再スタートを切りましたが、2002年からNB車両で始まったパーティレースとしてひとくくりで考えれば、来年で10年目のシーズンを迎えます。
毎年年末になりますと「1年は早いなぁ」と思いますが、もうパーティレースが10年を経とうとしていることに気付くと、「10年もあっという間だなぁ」と人生を考えてしまいます(苦笑)

★「ロードスター・パーティレースⅡ」2011年度開催概要(予定)は以下URLをクリック
http://partyrace.nr-a.com/outline2011.html

Hot-Version vol.107も見逃せない

チューニングカーからモータースポーツまで、クルマの楽しさを最大限に引き出す走り屋御用達DVD、ホットバージョン。
その「Hot-Version vol.107」が本日発売されました。

今号では、9月4日に開催しました「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の参戦レポートが収録されています。
ここ近年、2&4モーターリング社としてのメディア4耐参戦は、姉妹誌のベストモータリングでしたが、今年はホットバージョンでの参戦です。
企画もホットバージョンらしく、ホットバージョンでお馴染みの有名チューナーのオジさん達をタイムアタックで選抜して参戦ドライバーを決めていくところから始まる内容です。
タイムアタックでは「ロードスター・パーティレースⅡ」に実際に参加されている編集部の方の車両を使い、土屋圭一さんが見本アタックをする車載映像もありますので、パーティレースに参加されている方にも参考になる内容です。
番組内に占めるメディア4耐のボリュームもかなりあり、あの最終ラップのドラマもよく分かります。
また、今号のメインコンテンツは「RX-7最速決定戦」ということで、RX-7好き(私もそうですが)にもたまらない内容ですね♪

それと、このDVDの内容には関係ありませんが、メディア4耐と同時開催されましたパーティレース第3戦では、2&4モーターリング社の編集部のお二人がクラブマンとシリーズクラスにWエントリーされ、見事にアベック(!?)優勝を果たされました。
メディア4耐でも準優勝しましたので、ある意味で今年の4耐はホットバージョンの年だったかもしれませんね(笑)

☆ベストモータリング&ホットバージョン 公式サイト
http://www.bestmotoring.jp/

2011年度 正会員への更新手続きをはじめました。

10月に入りまして“冷やし中華はじめました”の貼り紙も見かけなくなりましたが、B-Sports正会員およびライセンスの更新手続きの時期となりました。
(JAFによるライセンスの更新開始は11月1日からですが、B-Sportsでは余裕を持って早めに受付を開始しています)

正会員の皆様には昨日、更新のご案内の用紙を発送していますので、詳細はそちらもご確認ください。
更新手続きの方法は、クラブ公式サイトの専用フォームへの入力、または更新用紙に必要事項を記入してFAXしていただければOKです。

特にライセンスは、更新手続きが完了していませんと有効になりません。
毎年、更新忘れで競技に参加できない方がいらっしゃいますので、余裕を持ってお早めに手続きを済ませてください。

「岡崎五郎のクルマでいこう!」は見てますよね??

色々とバタバタしている間に、ずっと録画したままで見ていなかった9月の「岡崎五郎のクルマでいこう!」を一気に視聴しました。
9月19日放送分の『藤トモEYE』のコーナーでは、9月4日に筑波サーキットで開催しました「ロードスター・パーティレースII」や「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の参戦レポートをたっぷり紹介していただいていました(汗)

テレビでレースの模様が紹介されることもそうですが、その番組にレギュラー出演されている方自らがレースに参加され実体験でレポートされていることは本当に素晴らしいことです。
番組では11月21日の最終戦まで告知していただいて、主催者でなければ藤トモさんの最終戦での優勝を応援したい気分です(笑)
もちろん、パーティレースは列記としたJAF公認レースですし、ドライバー、マシンを含めて参加者全員がフェアな条件で競いますので、結果ばかりは個々の努力であることは言うまでもありません。(主催者が贔屓する余地も無論ないです)
次の最終戦は、藤トモさんを含め、全ドライバーが今年の最後を締め括るに相応しいレースをしていただければと思います。

それと、事前に9月19日放送分の告知ができず、藤トモさんや関係の皆さんに申し訳ないのですが、このブログを見ている方はおそらく見ていることを信じています。。。(少なくとも録画してますよね??)
知っている方が大半だと思いますが、「岡崎五郎のクルマでいこう!」の番組ホームページと、藤トモさんのブログを紹介しておきます。

☆「岡崎五郎のクルマでいこう!」番組ホームページ
http://www3.tvk-yokohama.com/kuruma/
(テレビ神奈川で毎週日曜よる10:00放送)

☆藤トモWeb(ホビダス自動車サイト内)
http://www.hobidas.com/blog/tipo/fujitomo/
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。