スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末は富士山です

今年も富士山頂でのご来光を目指して、今週の土曜日に出発します。
↓去年の登山の様子です。
IMG_1753_convert_20091013163116.jpg

天気も週末には回復するようで、先週の筑波も暑かったですが、富士もかなり暑くなりそうです。
雨よりは良いですが、富士山は日陰が全く無いので、晴れたら晴れたで結構大変です。

今月始めに行った背戸峨廊の涼しさが懐かしいです(苦笑)
↓その時に撮影したものです。
背戸峨廊

ここ3年連続、富士登山をしてきましたが、さすがに企画がマンネリ化してきた(自分が飽きた!?)ので、今回で一旦、富士はお休みしようかと思っています。
ですので、今回こそは完璧なご来光が見れるといいですね♪
なお、富士は今回で暫くお休みにしますが、他の山は今後もやりますよ!
スポンサーサイト

明日から事務局は筑波サーキットに移動します。

明後日はいよいよ「ロードスター 筑波サーキット ミーティング 2010」です。
事務局も準備で明日から筑波サーキット入りです。

明日から明後日までに緊急で事務局に連絡を取りたい場合は、筑波サーキット本館事務局 TEL:0296-44-3146までお電話ください。
スケジュールや入場料金などの情報はイベント公式サイトもご覧ください。

今のところ、天気予報では土・日とも晴後雨とのことです。
当日は相当暑くなりそうですから、少しぐらい雨が降ったほうが調度良いのだと、前向きに考えています(笑)
サーキットはアスファルトの照り返しが強く、日陰も限られますので、熱中症も心配されます。
来場された方は水分補給をこまめに行ってくださいね。

それでは皆さん、今週末は筑波サーキットでお会いしましょう!

7/22号のオートスポーツ

モータースポーツファンにはお馴染みの週刊オートスポーツ。
F1からカートまで、世界中のモータースポーツ情報を毎週発信している同誌でが、その中で2週間に1回掲載されている木下隆行さんのコラム「タワー3皆」は、日本のレース界の現状が楽しく紹介されています。
主催者としても、結構うなずいてしまう内容が多いです。
そもそも「タワー3皆」というタイトルが、如何にも日本のレースを感じさせてくれます(笑)

そんな「タワー3皆」ですが、今週発売された7/22号で、私たちが運営に携わっています「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」にスポットを当てています。
何が書かれているかは本屋さんで見ていただければと思いますが、木下さんらしい切り口で、本当に実現できればレースがずっと楽しくなるでしょうね。
(読んでいないと分かりませんが、)この件と似たようなアイディアをパーティレースの発足時に真面目に検討したことを思い出しましたが、やはり安全上、実現しませんでした。

かつて主催者ではなく、参加者としてモータースポーツに関わっていた時は、なぜ主催者はこんな企画やあんな企画をしないのだろうと思っていました。
しかし、いざ自分が主催者の立場になると、これが中々どうして、スリリングな楽しさを提供することと安全性の確保を両立する難しさ、そもそも資金的な面でクリアできないことも多く、本当に困ったものです。
どこかの国の政治家みたいな話になってはいけませんので(苦笑)、初志貫徹で、これからももっと楽しいレースを開催できるよう頑張ります。

スポーツの審判と選手の関係

ここ最近まではワールドカップが世間の話題の中心でしたね。
このブログでサッカーのことを語るのは筋違いの感もありますが、今も続く判定を巡るトラブルを見ていると、どのスポーツも審判は大変だなと思います。

その大きな要因は、ビデオカメラの存在だと思います。
カメラ自体の性能や放送技術が向上し、スローで高精細な画質が放映されると、微妙な判定をする審判はたまったものではないです。
本来、審判が判定したことは、それが本当の意味で正しかったかどうかは別として、ルールでは絶対のはずなのに、それを選手がビデオを見て後から批判するのは、スポーツマンシップとは何なのかとも考えてしまいます。
少なくともビデオ判定を取り入れていないルールであるならば、審判の判定が絶対ですし、そのルールを守ることが選手の責任です。
ルールを知らない(守る責任が無い)観客がとやかく言うのは勝手ですが、選手が後から判定にどうこう言うのは、その選手こそがルール違反だと言っては言い過ぎでしょうか??
仮にミスジャッジで不利益を被った選手がいるのは可哀想ですが、それもスポーツのルールの内ですし、ルールがなければスポーツ自体が成り立ちません。

これも時代の流れかもしれませんが、正確な判定を追い求めるのは大事ですが、審判やその判定を軽視するような選手が増えることは、スポーツの発展には良くないなと感じました。
これはサッカーやモータースポーツに限らず、どんなスポーツでもそうだと思います。

あと、ビデオ判定を導入するかどうかの議論はあらゆるスポーツでありますが、ビデオ判定は基本的にプレー後か、プレーを一旦止めて行わなければなりません。
ある程度連続した時間で続けなければならない競技では導入が難しいところです。
また、そもそも判定に使えるだけのカメラを確保しなければなりませんので、あらゆる位置やアングルもカバーすることを考慮すると、狭いフィールドで短時間で決着が着く競技(例えば相撲とか)ならともかく、本格的に実施できる競技や大会は、資金的な面からも限られると思います。

まとまりの無い話になってしまいましたが、どのスポーツの審判の方も色々と大変ですが頑張ってください!

Twitterで色々実験

先月から事務局でTwitterを使い始めましたが、いまだに、どう使うべきか分からないことが多々あります。
それでも、携帯などから誰でも手軽に発信できることが魅力なので、イベント時に上手く使えないものかと考えています。
とりあえずは、まだフォロワーも少ないので、失敗してもそんなに痛くはないという安易な考えのもと、色々と実験しています(苦笑)

直近のイベントでは、今月25日(日)に「ロードスター 筑波サーキット ミーティング 2010」を開催しますが、イベント用のアカウント「rs_tsukuba_meet」と、公式ハッシュタッグ「#rstmnow」を用意しています。
公式サイト上でも、ハッシュタグ入りのコメントを検索して表示されるページも設けてみました。
さすがに、ただTwitterをやればイベントが盛り上がるとは思っていませんが、新しいアイディアが生まれるきっかけになればなと・・・
イベントの合間に、ちょっと暇な時間がありましたら、試しに何かつぶやいていみてください。

8/8 JMRC関東 サマーフェスタ

レース参加者にとっては保険でお馴染みの「JMRC(JAF関東地域クラブ協議会)」ですが、そのJMRC関東が8月8日(日)に富士スピードウェイにで、「JMRC関東 サマーフェスタ 2010」を開催するそうです。
JMRCが今回のように主導的にイベントを行うのは初めてかもしれません!?

イベントの詳細案内につきましてはJMRC関東の公式サイトで紹介されていますので、そちらをご確認ください。

お申込みは、JMRC関東に加盟するクラブ単位となります。
B-SportsもJMRC関東の一員ですので、B-Sports会員の方で参加したいとお考えの方は、先ず事務局までご連絡ください。
基本的にはJMRC関東(=JMRC関東スポーツ安全保険)に登録していることが条件ですが、登録者のご家族、ご友人は登録されていなくても構わないそうです。

締め切りは7月26日までですが、とてもお得な料金設定もあり、100名の定員もすぐに迫る勢いだとか・・(噂です)
もし参加されるのであれば、お早めにご連絡ください。

今日は富士山の山開き

テレビなどのニュースでも報道されていますが、今日から富士山が山開きですね。
今年もクラブ活動で富士登山を計画していますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
7月31日に出発して、山小屋で一泊(ほぼ仮眠です)、8月1日にご来光を見て下山する予定です。

☆B-Sports登山部の富士登山については、下記のサイトをご参照ください。
http://www.bsports.jp/other_activities/

more...

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2010年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。