スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ会員証リニューアル

ブレインズモータースポーツクラブの会員証が新しくなります。
クレジットカードと同じくらいの厚さのプラスチックPVCカードです。

more...

スポンサーサイト

ラジコン愛好会

ゴルフ部、登山部、釣り部などやりたい放題の「クラブ課外活動」ですが、
ややモータースポーツっぽい活動をすることにしました。

ラジコン!
(モータースポーツ???)

さっそくですが第1回の活動です。

■3月12日(木曜)19時半から
■表参道ヒルズB3F KYOSHOサーキットにて
■費用は、1回15分走行で500円(レンタルミニッツ代込)。

バーがあるので、お酒飲みながらもいいみたいです。飲酒運転…
平日の夜ですので、お仕事帰りに気軽な感じでご参加ください。
お申込みはクラブまで。

ロードスターNR-Aクラシック 開幕戦ピンチ

筑波シリーズ ロードスターNR-Aクラシックの開幕戦が、3月22日(日)筑波サーキットにて、SCCNさん主催で行われます。
NR-Aクラシックは、筑波サーキットが主管する筑波シリーズの1カテゴリーで、NB型ロードスターNR-AによるJAF公認ナンバー付レースです。
ブレインズも第4戦(7月26日)と第6戦(11月15日)を主催する予定です。

その開幕戦の参加受付締切が、明後日2月27日(金)までとなっています。
それがなんと、現時点でのエントリーが“0”だそうです。
このままでは開幕戦からシリーズ自体が消滅する危機です。
参加申込みを忘れている方は至急、SCCNさんにエントリーをしてください。
(第2戦目以降を検討されている方も、是非、開幕戦からエントリーしてください)

SCCN(ニッサンスポーツカークラブ)公式サイト
http://www.sccn.jp/

筑波シリーズについては筑波サーキット公式サイトもご覧ください。
http://www.jasc.or.jp/

メールマガジン始まります!

とのタイトルで、本日、クラブ員の皆さまにメールをお送りしました。
まもなく創刊のブレインズモータースポーツクラブのメールマガジンの
お知らせメールです。
毎月1回、最終金曜日に配信予定。今回は創刊準備号です。

クラブ主催のレース、競技会、イベント情報や、モータースポーツ全般、
またクラブ課外活動などについてもお知らせしていく予定です。

クラブ更新時にメールアドレスをご登録いただいた方にお送りしました。
何名か、送信できずに戻ってきてしまいましたので、届いていないよ~という場合で配信ご希望の方は、クラブまでご連絡ください。
club@brains-sports.co.jp

迷惑メールフォルダに入っちゃっている場合もありますので、
どうぞご確認くださいね。

では、創刊号をお楽しみに!
プレゼント企画もありそうです。

哀川翔ラリージャパンへの挑戦

本日、JAFから上記タイトルのDVDが送られてきました。
昨年の12月にBS朝日で放送されたドキュメンタリードラマ「ガチで挑んだ1757km」をJAF用に編集したものだそうです。
ライセンス講習会やモータースポーツ関連イベントなど放映することで、モータースポーツ振興に活用することを意図しているそうです。

more...

JMRC関東主催 LSO認定講習会のお知らせ

LSO(モータースポーツ・ライフセービング機構)認定講習会は、モータースポーツおける事故に対応するファーストエイドの実務講習会です。
講義内容は各種イベントにおける緊急時の備えとして、また日常の交通事故現場における適切な対処と行動を身につけるためにも役立つものです。

LSO自体としても定期的に講習会を開催していますが、毎年JMRC関東レース部会(今年はJMRC関東)ではJMRC会員対象に経費を一部負担して割安な費用で参加できる講習会を主催しています。
(ブレインズモータースポーツクラブもJMRCに加盟しています)
今年も下記の通りに開催されますので、ご興味のある会員の方はクラブ事務局までご連絡ください。

開催日時:4月5日(日) 9時~17時(8時45分受付開始)
開催場所:機械振興会館 地下3階2号会議室(東京都港区芝公園3-5-8 東京タワー前)
参加費用:1,050円(昼食代は含まれません)

★モータースポーツ・ライフセービング機構 公式サイト
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/

スピード行事でオイルキャッチタンク解禁

ご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんが、これまでJAF公認のスピード行事(サーキットトライアルやジムカーナ競技)では、オイルキャッチタンクの装着が禁止されていました。
それが、長年の要望がかない、今年から装着が認められるとのJAFからの回答が得られました。
オイルキャッチタンクを装着しているせいで競技に参加できなかった方や、取り付けたくても競技に参加するために取り付けられなかった方には朗報です。
(装着が義務付けになった訳ではありませんので誤解なく)

オイルキャッチタンクはサーキット走行する方にはおなじみのパーツですが、スピード行事の規則が連続走行時間が短いジムカーナ競技に参加する車両を基本に考えているためか、これまでは認められていませんでした。
まだ発表していませんが、2009年度の「マツダスピードカップ サーキットトライアル」の規則では、オイルキャッチタンクの使用を認める規定を加える予定です。

※「オイルキャッチタンク」が何かを説明するのは、ブログでは長くなりますので、個別にネット検索などで調べてください。

more...

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2009年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
マツダファン九州ミーティング
マツダファン九州ミーティング2015
メディア対抗4時間耐久レース
第24回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
Twitter
リンク
ブレインズモータースポーツクラブ
Brains Motor Sports Club
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。